奈良出身の河瀬直美監督による最新映画「あん」の5月26日(火)試写会(イオンシネマにて)

5月30日(土)公開の河瀬直美監督による最新映画「あん」を、公開に先駆けての5月26日(火)に全国のイオンシネマで試写会が行なわれます。イオンシネマ51劇場で各劇場50組100名さまが招待されます。
[br num=”1″]
スポンサードリンク

河瀬直美監督による最新映画「あん」とは

第68回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門オープニングフィルムに本作が正式出品することが決定しました!!

試写会応募方法

イオンシネマ各劇場にて募集中
2015年4月25日(土)~5月17日(日)
an
詳細はこちら ⇒ イオンシネマ

ストーリー

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…

キャスト

徳江:樹木希林
長い間”あん”を作り続け、あんこ作りの腕は名人級。
ある日、どら焼き屋、「どら春」の求人張り紙を見て働きたいと千太郎に懇願する。

千太郎:永瀬正敏
縁あって「どら春」の雇われ店長 として単調な日々を送る。
徳江との出会いによって、心境が変化していく。

ワカナ:内田伽羅
「どら春」の常連客。母親と二人暮らしの中学3年生。

佳子:市原悦子
徳江の親友。お菓子作りが得意。洋菓子は特に絶品。

どら春のオーナー:浅田美代子
先代である夫に先立たれ、どら春のオーナーに。千太郎の雇い主。

ワカナの母:水野美紀
ワカナの母親。シングルマザーとしてワカナを育てている。

陽平:太賀
ワカナと同じ中学を卒業した、ワカナの部活の先輩。

若人:兼松若人
オーナーが可愛がっている甥っ子。

スタッフ

監督:河瀬直美
映画作家。奈良市生まれ。映画表現の原点となったドキュメンタリー『につつまれて』(92)、『かたつもり』(94)で、1995年山形国際ドキュメンタリー映画祭国際批評家連盟賞などを受賞。1997年初の劇場映画『萌の朱雀』(97)でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少受賞し、鮮烈なデビューを果たす。
その後、『火(ほ)垂(たる)』(00)、『沙羅(しゃら)双樹(そうじゅ)』(03)、『垂乳女/Tarachime』(06)などで、映画祭の受賞を重ねる。2007年『殯(もがり)の森』でカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。2009年カンヌ国際映画祭に貢献した監督に贈られる「黄金の馬車賞」を受賞。2011年『玄牝-げんぴん-』(11)で、第58回スペイン・サンセバスチャン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞。
2013年カンヌでは、日本人監督として初めて審査委員を務めた。2010年から隔年で開催される「なら国際映画祭」では、エグゼクティブディレクターとして奔走する。
[br num=”1″]
原作:ドリアン助川
早稲田大学時代に劇団を主宰し、卒業後は雑誌ライター、放送作家などを経て、ドリアン助川の名で「叫ぶ詩人の会」を結成。ドリアン助川名義以外でも、執筆やライブ活動など精力的に芸能活動を継続。ニッポン放送系列の深夜ラジオ番組「ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンベルジャン!」が若者の人気を集め、若者に向けて真摯で辛辣なコメントを投じることから当時出演していたTV番組の名前通り“金髪先生”とも言われていた時期がある。映画では河瀨直美監督の『朱花(はねづ)の月』(11)に出演経験がある。
[br num=”1″]
以上出典:「あん」公式ホームページ

[br num=”1″]
スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る