【GURURI(ぐるり)】奈良県立美術館など5施設の共通入場券発売中!!

奈良公園・ならまち周辺の有料文化施設を5施設を回れる共通入場券「GURURI」を600円で発売中です。
[br num=”1″]
対象施設は、「杉岡華邨書道美術館」「入江泰吉記念奈良市写真美術館」「入江泰吉旧居」「吉城園」「奈良県立美術館」で、2015年9月1日 から 11月30日まで有効です。
[br num=”1″]
最大で、1050円お得ですので、この秋は奈良の文化施設を回るのもいいですね。
[br num=”1″]
広告

ーGURURIを持って「ぐるり」とまわるー

GURURIは、奈良公園・ならまちの5つの有料文化施設に入れる共通入館券です。
モデルコースや施設スタッフ監修の見どころも紹介。
「ぐるり」とまわって、道中や人との出会いもお楽しみください。
[br num=”1″]

対象施設、販売場所

入江泰吉旧居
入江泰吉記念奈良市写真美術館
奈良市杉岡華邨書道美術館
奈良県立美術館
※特別展期間中(9月23日まで)は別途400円が必要です。
吉城園

利用期間・販売期間

平成27年9月1日(火)から11月30日(月)

価格

600円
★最大1050円もおトクです!

対象施設のご案内

参考に一般の入園料・入館料も記載しておきます。

入江泰吉旧居

写真家・入江泰吉(1905~1992)は奈良の仏像、風景、伝統行事、万葉の花などを半世紀以上に渡り、撮り続けました。「美しき奈良大和路」のイメージは、入江の写真作品によって広く知られ、定着していったといっても過言ではありません。
[br num=”1″]
入江泰吉旧居は、入江が戦後から亡くなるまで暮らした場所です。旧居がある水門町は、東大寺旧境内で、いまも土塀や古い家が並ぶ風情ある町並みが残り、入江は少年時代の一時期もこの町で暮らしました。
[br num=”1″]
ここで、作品の構想を練り、暗室で現像を行うなどの仕事をし、趣味の時間を愉しんだのはもちろん、親しかった第206世東大寺別当・上司海雲、文豪・志賀直哉、画家・杉本健吉、随筆家・白洲正子をはじめ、多くの人も来訪しました。
[br num=”1″]
住所
〒630-8208 奈良市水門町49番地の2
開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日
毎週月曜 (休日の場合は開館し、翌日休館)
入館料
200円
※高校生以下無料
※団体(20名以上)100円
※奈良市内在住の70歳以上の方無料
※障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方無料
アクセス
JR・近鉄奈良駅より奈良交通バス「県庁東」または「押上町」から徒歩約5分

入江泰吉記念奈良市写真美術館

入江泰吉記念奈良市写真美術館は、写真家・入江泰吉の全作品を収蔵・保存するとともに、随時テーマを替えて企画展を開催し入江作品を公開しています。
[br num=”1″]
住所
〒630-8301 奈良県奈良市高畑町600−1
観覧時間
•午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
◆毎月第2・第4土曜日は、PM2時から展示担当者による作品解説があります。
休館日
•月曜日(祝日の場合は最も近い平日)
•祝日の翌日(祝日が平日の場合)
•展示替え期間中
•年末年始(12月27日〜翌年1月3日)
観覧料金
•一般:500円
•高校・大学生:200円(高校生は土曜日無料)
•小・中学生:100円(土曜日無料)
•奈良市在住の70歳以上の方は無料です。
•障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は無料です。
※団体(20人以上)は2割引

奈良市杉岡華邨書道美術館

奈良市杉岡華邨書道美術館は、当時文化功労者で、2000年秋に文化勲章を受章された杉岡華邨氏より、奈良市が作品の寄贈を受けたのを機に、先生の功績を称え、貴重な作品を永く後世に伝えるとともに、書道の発展に寄与するため、2000年8月4日に開館した書道専門の美術館です。
[br num=”1″]
ユネスコの世界遺産にも登録された元興寺の旧境内に広がる「ならまち」に位置し、古い町並みに溶け込んだ落ち着いた白い建物が目印です。皆様のお越しをお待ちしております。
[br num=”1″]
住所
〒630-8337 奈良市脇戸町3番地
休館日
月曜日(祝日の場合を除く)、祝日の翌日(その日が平日の場合)、
年末年始(12月26日~1月5日)、展示替えの期間。
(ただし、平成26年度は合同展開催に伴い年末年始休館は12/27~1/3です。)
季節等により臨時開館する場合がございます。
開館時間
午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)まで。
イベント等により開館時間を延長する場合がございます。
観覧料
●一般観覧料  1人 300円   団体(20名以上) 240円
●以下の方々は観覧料が無料となります。
・市内に居住する70歳以上の方
・身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項に規定する身体障害者手帳、療育手帳制度要綱(昭和48年9月27日厚生省発児第156号)に規定する療育手帳又は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項に規定する精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方及びその介護を行う方。
・16歳未満の者並びに高等学校の生徒及びこれに準ずる方

奈良県立美術館

住所
〒 630-8213奈良市登大路町10-6
開館時間
企画展/特別展: 午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日
・月曜日(祝日の場合はその翌平日)
・年末年始(12月28日から1月4日まで)
・展示替え期間中
観覧料
企  画  展
一 般:400(300)
大高生:250(200)
中小生:150(100)
※( )は20名以上の団体料金です。
※特別展の時はその都度料金を定めます。

吉城園

「興福寺古絵図」によると江戸時代までは同寺の子院の摩尼珠院(まにしゅいん)があったところとされています。明治に民間の所有となり大正8年(1919年)に現在の建物と庭園が作られました。企業の迎賓施設の時代を経て、昭和の終わりから奈良県が所有し庭園を公開しています。
[br num=”1″]
園内は池の庭、苔の庭、茶花の庭からなり、苔の庭には離れ茶室があります。
[br num=”1″]
交通
・JR奈良駅、近鉄奈良駅から奈良交通バス(市内循環外回り)
「県庁東」下車 徒歩約3分
・近鉄奈良駅から徒歩15分
開園時間
9:00~17:00(ただし、入園は16:30まで)
開園期間
3月1日~12月27日
入園料
大人(高校生以上):250円 (団体220円)
小人(小学生以上):120円 (団体110円)
※団体料金は20名以上の場合に適用します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る