桜満開の頃「新薬師寺 修二会」が4月8日行われます。

新薬師寺の本尊薬師如来に罪を懺悔し、天下泰平を祈る行法「修二会」は「おたいまつ」とも呼ばれ親しまれています。

4月8日(金)17時から薬師悔過と三十二相の声明の法要があり、19時からは、11本のたいまつに先導されて僧侶が入堂し、神名帳を読みあげ、全国の神々を勧請し天下泰平を祈る行事です。

修二会は東大寺二月堂が有名ですが、新薬師寺では「おたいまつ」も近く、法要や神名帳も近くで聴講できます。

sinyakusiji

広告

新薬師寺の修二会(おたいまつ)

新薬師寺の修二会は10本の「おたいまつ」と1本の一回り大きい「籠たいまつ」を使います。
本堂の表が開扉され、1本づつ「おたいまつ」に火が灯され本堂に奉納され、最後に「籠たいまつ」が奉納されます。

開催期間

4月8日
17:00~初夜法要
19:00~おたいまつ ・後夜法要

17時以降は、拝観無料

開催場所

新薬師寺
奈良市高畑町1352番地

奈良県奈良市高畑町1352番地

新薬師寺について

新薬師寺は、天平19(747)年、聖武天皇の病気回復を願って光明皇后が建立された寺で、「新」とは「新しい」ではなく、仏の霊験が「あらたかな」の意味です。

本堂の円形の土壇中央に安置された薬師如来坐像(国宝)と、それを護持するように武器を振り上げ、髪を振り乱し、威嚇するように居並ぶ十二神将像(内、11体が国宝)は、現在では珍しく間近で拝観することができます。

787
(新薬師寺HPより)

DSC03553-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る