教科書で見た遮光器土偶9月13日まで特別展示、橿原市博物館「遮光器土偶がやってきた!」

宇宙人を想像させるような風貌の遮光器土偶が、奈良県橿原市の「歴史に憩う橿原市博物館」で平成27年7月11日(土曜日)~9月13日(日曜日)まで特別展示中です。
[br num=”1″]
遮光器土偶は、今から3千年前の縄文時代に作られたと言われています。主に東北地方から出土されており、大きな目が遮光器のような形をしているのでそう呼ばれています。誰でも一度は教科書などで写真を見たことはあると思いますが、本物を見る機会は少ないと思います。
[br num=”1″]
今回、東北地方から出土した土器と共に、橿原遺跡から出土した遮光器土器も展示されており、東北地方とのつながりが紹介されています。

遮光器土偶
[br num=”1″]
広告

遮光器土偶がやってきた

平成27年度夏季特別展

日 時

7月11日(土) ~9月13日(日)
9時~17時(入館は16時30分まで)

会 場

歴史に憩う橿原市博物館
橿原市川西町858-1
電話番号:0744-27-9681

休館日

月曜日

料 金

大人300円、高大200円、小中100円

講演会・トークイベント

第1回 8月2日(日曜日)
「土偶と出会って人生が変わった!!」(トークイベント)
話し手:譽田 亜紀子 氏 (土偶女子・ライター)
[br num=”1″]
第2回 8月30日(日曜日
「西日本一土偶の多い町・かしはら-土偶は何故、橿原遺跡に集合したのか?-」
講師:岡田 憲一 氏 (奈良県立橿原考古学研究所 主任研究員)
[br num=”1″]
第3回 9月6日(日曜日)
「土偶にみる縄文人の身体装飾」
講師:武藤 康弘 氏 (奈良女子大学 教授)

会場

クリーンセンターかしはら3階研修室(博物館から北に徒歩5分)

時間

各回とも午後1時30分~午後3時(受付は午後1時より)

定員

200名(先着順:申し込み不要)

お問合せ

所属課室:生涯学習部歴史に憩う橿原市博物館
橿原市川西町858-1
電話番号:0744-27-9681
ファックス番号:0744-26-1114

アクセス

奈良県橿原市川西町858-1

出典>>橿原市博物館

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る