平城宮跡資料館秋期特別展「地下の正倉院展」2016年10月15日~11月27日

平城宮跡資料館で「地下の正倉院展」が開催されている。これは、正倉院展の時期にあわせて開催し平城宮・京跡出土木簡の実物展示されるものだ。

今年の展示は、役人の管理・養成を担当する式部省木簡により、奈良時代の勤務評価や昇進が明らかにされた貴重な資料だ。
式部省木簡が発見されてから50年。日本の木簡研究史上かけがえのない発見が最新の研究成果に基づいてご紹介されている。

広告

平城宮跡資料館秋期特別展「地下の正倉院展 式部省木簡の世界―役人の勤務評価と昇進―」

奈良文化財研究所 平城宮跡資料館では、奈良国立博物館でおこなわれる正倉院展の時期にあわせて「地下の正倉院展」を開催し、平城宮・京跡出土木簡の実物展示をおこなっています。

今年度は、奈良時代の勤務評価に関わる削屑を中心とする式部省木簡をご覧いただく展示を企画しました。
式部省とは、役人の管理・養成を担当する役所です。1996年に実施された発掘調査では、平城宮跡で初めて、一度に一万点を超える木簡が出土しました。その多くは、式部省内でおこなわれた役人の勤務評価に使用された、側面に孔をもつ特異な型式の木簡とその削屑です。内容・型式ともに強い個性をもつ木簡群からは、式部省の日常業務や役人の昇進の実態をうかがうことができます。

本年は、式部省木簡が発見されてから50年です。日本の木簡研究史上かけがえのない発見を、最新の研究成果に基づいてご紹介します。

会 期

平成28年10月15日(土)~11月27日(日)
月曜休館(10月31日は開館)

展示期間

会期中、木簡の展示は3期に分けておこないます。
Ⅰ期:10月15日(土)~10月31日(月)
Ⅱ期:11月1日(火)~11月13日(日)
Ⅲ期:11月15日(火)~11月27日(日)

開催会場

平城宮跡資料館 企画展示室
800

開館時間

9:00~16:30(入館は16:00まで)

ギャラリートーク

Ⅰ期:10月21日(金)
Ⅱ期:11月4日(金)
Ⅲ期:11月18日(金)
各回14:30~ 事前申し込み不要

お問い合わせ

TEL 0742-30-6753
(奈良文化財研究所 連携推進課)

チラシ>>こちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る