ブルーインパルスが古都・奈良の上空で30年ぶりに飛行 華麗な妙技を披露

産経WEST 2016.11.6  

奈良市の世界遺産・平城宮跡の上空で6日、航空自衛隊の「ブルーインパルス」が華麗な曲技飛行を披露した。航空自衛隊奈良基地(奈良市)の開設60周年を記念して実施。あいにくの曇り空だったが、観衆は古都・奈良の空で繰り出される妙技の数々に魅了されていた。

ブルーインパルスが奈良で飛行を披露するのは30年ぶり。航空自衛隊松島基地(宮城県)所属の6機が機体から吐き出す白い煙で、桜の花びらやハートの形を描くなど約20分間にわたり曲技飛行を披露し、会場から大きな歓声が上がっていた。

大阪府島本町の会社員、堀尾健治さん(57)は「平城宮跡の建物を背景に飛行する姿を楽しめた。毎年奈良に来てくれたら」と感動した様子。奈良市の無職、岡本俊夫さん(73)は「よく訓練されており、芸術的で感動した」と話していた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る