奈良・法隆寺で放水訓練「文化財防火デー」の1月26日

1949年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し,壁画が焼損したことにより、文化財保護の危機を深く憂慮する世論が高まり,翌1950年に文化財保護法が制定されました。

そして1955年に、文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部(現在の消防庁)が毎年1月26日は「文化財防火デー」と定めました。

1月26日に、「文化財防火デー」のきっかけとなった世界遺産・法隆寺でも消防団や僧侶が参加し、放水訓練が行われた。
訓練では、焼損した壁画や柱を保管する収蔵庫で大野玄妙管長らが法要を営み、防火設備が正常に動くことを確認。その後、サイレンを鳴らしながら消防車が到着し、境内の池からくみ上げた水を天高く放水しました

大野管長は「火災から時間がたつに従って風化していく。文化財を次の世代に引き継ぐことが重要だ」と話しました。

広告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る