春日大社で本殿遷座祭=修繕終え、ご神体戻る-奈良

時事通信 2016/11/06

世界遺産の春日大社(奈良市)で6日、修繕を終えた本殿にご神体を戻す「本殿遷座祭(せんざさい)」が行われた。修繕は20年ごとに行われる「式年造替(しきねんぞうたい)」と呼ばれ、今回で60回目。

修繕は2007年から始まり、本殿の修繕が行われる間、ご神体を仮住まいの移殿(うつしどの)に移す「仮殿遷座祭(かりでんせんざさい)」が15年3月に行われた。本殿にご神体が戻る本殿遷座祭は、一連の行事のクライマックス。

遷座祭は午後6時15分ごろから始まり、神職が祝詞を、続いて天皇陛下のお使いの勅使が祭文を上げた。その後、ご神体が白い幕で隠され、移殿から本殿に戻った。

春日大社によると、式年造替は奈良時代の創建以来、1200年にわたり連綿と続いている。造替では、本殿の修繕だけでなく、調度品や祭具が新調される。修繕などに関わる宮大工の技術を伝承する意味合いもある。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る