奈良公園のナンキンハゼ見頃

NHK 2016年11月09日

奈良市にある奈良公園では、園内に植えられたナンキンハゼの紅葉が進み、訪れる人たちは、秋色に染まりゆく古都の風情を楽しんでいます。

ナンキンハゼは、中国原産のトウダイグサ科の落葉樹です。
奈良公園には、園内や周囲の道路に沿って、およそ160本が植えられています。
ことしは、例年より2週間ほど遅く紅葉が始まり、現在では、全体の5割ほどの葉が赤く色づいています。

7月から8月にかけて雨が少なかったことから、例年に比べ、葉の色付きは控えめだということですが、公園を訪れた人は、赤く染まったナンキンハゼの葉を写真に収めたり、眺めながら散歩を楽しんだりしていました。

ナンキンハゼの紅葉は、この後も進み、見頃は、今月下旬まで続くということです。

広告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る