<奈良・平城宮跡>ツバメのねぐら あおにヨシ

2016年8月30 日[毎日新聞]

奈良市の平城宮跡では、夕暮れ時になると無数のツバメが空を覆う。その数は5万羽。市街地などからねぐらである宮跡内のヨシ原に戻るツバメたちだ。

日本野鳥の会奈良支部によると、春から夏にかけて子育てを終えた親鳥、巣立った若鳥などが例年、この時期に集団でねぐらを作る。イタチやネコなどの外敵から身を守るためという。

昼間は街中で昆虫を食べるなどし、日没とともにヨシ原に集まり休息。秋まで平城宮跡で過ごし、越冬地である東南アジアへ向けて順次飛び立つ。

連日多くの見物客が訪れ、支部長の元吉司さん(61)は「例年は3万~4万羽だが今年は迫力があり、圧倒される」と話す。

日本野鳥の会は、平城宮跡を含む全国18カ所のツバメのねぐらを紹介する無料パンフレットを作成し、希望者に配布している。同会ホームページから申し込める。

広告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る