そうめんだけじゃない そばも人気 桜井の新名物、今だけの味 

産経新聞 11/26(土)

三輪そうめんの産地として名高い桜井市で近年、そばが新名物としてにわかに注目を集めている。今の時期は新そばが味わえるとあって、わざわざ遠方から訪れる人も少なくないという人気ぶりだ。

同市東部の山あいに位置する笠地区は標高400~500メートル。寒暖の差が大きく、そばの栽培に適した環境だという。元々は高原野菜を生産していたが、平成4年からそばの栽培も開始。近年、その品質とうまさが話題になりつつある。

同市のそば店「笠そば処」では、地元産のそばを100%使用し、石臼で丁寧にひいて製粉している。信州そばにも負けないコシと、のどごしが特徴だ。

笠地区のそばは8月中旬に種をまき、秋に収穫を迎えるため、今がまさに「新そば」の時期。同店社長の山本信広さん(68)は「今年は天候不順でどうなるかと思ったが、上々の出来です」と笑顔を見せた。新そばはそばの実の甘皮が薄い緑色で、ゆであがったそばは淡い色合い。目でも楽しんだあとは、「まずは何もつけずに、そば本来の風味を感じてほしい」と山本さん。おすすめはざるそばだという。

「新そば」として提供されるのは年内いっぱい。寒い季節、食後は栄養たっぷりのそば湯でほっこり温まるのがいいだろう。

営業時間は午前10時~午後4時。水曜定休。
ざるそば(並)470円、(大)850円など。
問い合わせは同店(電)0744・48・8410。

関連記事>>「荒神の里・笠そば」石臼で挽いた地元産の蕎麦・9月末には真っ白な花

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る