古都を赤く染める山焼き(奈良市若草山焼き)

関西テレビ 1/29

奈良の伝統行事、1月29日に若草山の山焼きが行われ、古都の夜空が炎の道で赤く染まりました。
午後6時30分、夜空を照らす花火を合図に地元の消防団員が一斉に火を放ちました。

江戸時代から続く若草山の山焼きは、山頂にある古墳の霊を供養するために火を放ったのが始まりと言われています。
また、芝生などの芽生えを促す意味もあり、若草山の風景を保つために今でも続けられています。

山は瞬く間に炎に包まれて山肌と夜空が赤く染まり、幻想的な光景広がりました。
山のふもとには約18万人の観光客が訪れ冬の炎の祭典に見入っていました。

広告
atu

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る