東大寺で除夜の鐘を鳴らそう!!先着約800名まで可能(整理券要)

大晦日から新しい年を迎えて除夜の鐘をつくのは、人の百八の煩悩を祓う意味があるといいます。

奈良の大仏で有名な「東大寺の鐘」は、大仏に劣らずビッグです。重さ26.3トンあり直径2.71m・高さ3.86mという大鐘です。音色も豪壮で長く響き渡ります。

撞木(しゅもく-鐘を突く棒)も、ケヤキで長さ4.48m・直径30cm・重さ200kgと一人では突けません。

kane

その大鐘を、一般の人でも除夜の鐘で突くことができるので紹介します。

広告

東大寺の除夜の鐘

1月1日 0時~ 東大寺鐘楼で突くことができます。

鐘が大きいので、先着順に8名づつ程の組になって綱をひくことになる(鐘木が約4.5mもあるので、これに8本の小綱を付けてそれをひいていただきます)。

また、鐘は108回つきますので、800人余りの人が参加できるが、東大寺では人数分の記念の印刷物(整理券の代わり)を用意しており、この刷り物が配布し終わったところを順番待ちの行列の最後尾とする。なお、

この整理券代わりの印刷物は、12月31日の22時半頃配布を始める予定(配布時間は人の出具合を見て決める為、前後する可能性有り)。

鐘楼と大鐘

この大鐘をつっている鐘楼は、俊乗堂と念仏堂にはさまれた鐘楼ヶ丘と呼ばれる場所に建っているが、現在の建物は、重源上人のあとを継いで東大寺の大勧進となられた栄西(ようさい)禅師が鎌倉時代(承元年間・1207~10)に再建したもの。

大鐘は天平勝宝4年(752年)に鋳造されたといわれているが、その後、延久2年(1070)10月と永長元年(1096)10月に地震のため墜落し、又延応元年(1239年)6月には龍頭が切れて転落したが、すぐに修理されたことが修理銘によって知られている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る