興福寺阿修羅像拝観が限定的に、平成29年に国宝館耐震工事が行われ休館します

興福寺国宝館が耐震工事のため、平成29年1月1日(日)~平成29年12月31日(日)の丸一年間休館することがわかりました。

昭和34年に鉄筋コンクリート造りの耐火式宝物収蔵庫として建てられ、国宝の阿修羅像や千手観音菩薩立像・十大弟子立像など多数の仏像美術品を収納してる奈良の観光スポットです。

しかし、大地震が懸念されるため平成29年に1年間休館し、耐震補強工事に踏み切るということです。

興福寺では、「いつ地震があるか分からない状態のなかで、今、耐震補強をしておきたい。日本の代表的な文化財があるので守らねばならない」と話しています。

広告

平成29年3月~5月と平成29年9月~11月に興福寺仮金堂にて、国宝館の主要な国宝を拝観できるように計画しているそうです。

復元中の中金堂が落慶する平成30年に、新たな国宝館として再出発する構想があるそうです。

工事までまだ期間がありますので、それまでに国宝館でゆっくり鑑賞してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る