【奈良ファン必見】奈良県立美術館館蔵品散華(さんげ)の販売をします。

奈良らしいお土産や記念品に悩んでいる方!!親しい方へのプレゼントやお部屋のインテリアにもできます。散華は福を呼ぶとも言われています。

奈良県立美術館が、美術散華をコレクションより18種類を厳選し作成しました。

散華とは

散華ってご存知ですか?お寺の法要等で撒かれる蓮の花びらの形の紙です。
場を清めるためにかつては、蓮の花びらをまいたことに由来しているそうです。

近代の奈良においては、社寺の修復・復興などが多く行われました。そしてその記念法要において、寺に縁のある画家たちが絵を描き、木版画に仕立てられた豪華な散華が作られることがありました。

散華がはじめて現代人の注目を浴びたのは、昭和55年、天平時代の盛儀を再現した東大寺大仏殿大修理落慶法要の際でした。大屋根の上から散たれた1万枚の紙花は、きらめく金色の鴟尾とともに、多くの人々に印象づけられました。

東大寺では他にも、大仏開眼1200年(昭和27年)、聖武天皇1200年御遠忌(昭和30年)と継続的に散華が制作され、杉本憲吉氏が絵筆を奮った大型の散華が多く作られています。

他にも奈良のいくつかのお寺では、現在その散華に様々な絵を描いた美術散華を記念品として作成しています。

奈良らしい記念品ということで、奈良県立美術館館も、美術散華を作成しました。奈良県立美術館館コレクションの中から選りすぐりの作品18種類を美しい散華にしました。館蔵品散華は、ビニール封筒に入っていて、散華型のメッセージカードと金色の台紙、封筒に貼り付ける宛名シールがセットになって200円というお値段で頒布しています。

出典:奈良県立美術館

散華

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

九州を応援しよう!!

【九州ふっこう割】
熊本県で起こった大地震の影響で、九州全体の観光が大幅に落ち込んでしまいました。 九州を応援するため、熊本・大分県が最大7割引、福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県が最大5割引の宿泊券・旅行券が2016年7月より発行されています。

旅行予約サイト情報
楽天トラベル
じゃらんnet
るるぶトラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
阪急交通社
Yahoo!トラベル
H.I.S.
JAL
発売日は各社により異なります。即日売り切れが多いのでこまめにチェックするのがコツです。

ピックアップ記事

奈良県の天気

広告

ページ上部へ戻る